2008年04月01日

ジュネーブ到着

DSC01555.JPG
ジュネーブ空港に着きました。ジュネーブは
小雨が降っていて着いた時の気温は9度くらいです。
春はまだまだって感じですね。
空港からジュネーブ市街までは電車で一駅で
5分くらいで行ってしまいます。

2008年04月01日

ミーティング

DSC01556.JPG
19時からニコラさんとクリストフさんと
ミーティングをしてきました。時計を組み上げないと
いけないということで1時間ほど駅のカフェで
新作を聞いてきました。流石に商品は持ってこられて
無かったので写真は撮れなかったですが、バーセルでは
8本の新作がでます。4本がシンプルなモデル
ND41の新文字盤で残りは永久カレンダーが2本、
スポーティーなクロノグラフが1本、永久カレンダー
ミニッツリピーターが1本発表されます。
商品は2日にバーセルで見せてもらいます。

2008年04月01日

Cornelius & Cie

キースさんのCornelius Cieブランドの

ホームページが出来上がっています。

是非ご興味ある方はご覧下さい。

http://www.cornelius-cie.ch/

2008年04月01日

ジェイコブ

CA380346-0001.JPG

ジェイコブ用のラグの形状が異なっている

特殊な形のベルトをサテンでお作りしてみました。

納期は約1週間でした。

 

2008年04月01日

クロコダイルこげ茶

CA380348-0001.JPG

先日オーバーホールをしましたパテックフィリップ用

の革ベルトをクロコダイルのこげ茶でお作り致しました。

サイズはラグ幅が19-14mm、長さが109、63mmでした。

 

2008年04月02日

easy jet

DSC01563 チケットブログ.jpg

昨日は、ミーティングの為にパリに行っていました。

早朝のeasyjetでジュネーブ〜パリを飛んだのですが

コンピューター不調の為に出発が1時間近く遅れました。

DSC01571ブログ.jpg

格安の航空会社の為ボーディングパスはすごく簡単で、

席は自由席で、機内サービスも有料でサービスするという感じです。

ただ前もってチケットを買うとジュネーブ〜パリ往復が1万円で

買えたりするんで、すごいお得ですが、今回のように行きの

飛行機が遅れてしまうと、その後の飛行機に直接影響が出てしまうので

その辺を考慮に入れて予約しないとだめですね。

 

 

 

 

2008年04月02日

バンドーム広場

DSC01594ブログ.jpg
ブレゲブティック 
パリのヴァンドーム広場には時計・宝飾ブランドの
ブティックが所狭しと並んでいます。
DSC01595ブログ.jpg
レポシブティック
 DSC01596ブログ.jpg
パテックブティック
これ以外にもジャガールクルト、ヴァンクリフ、ショーメなどの
ブティックが並んでいました。広場の中ではないのですが
リシャールミルブティックも工事中でした。
DSC01589ブログ.jpg

2008年04月03日

バーセルフェアー開幕

DSC01676ブログ.jpg

今日からバーセルフェアーが始まりました。

初日はプレスdayでプレス関係者とメーカーパスを

持っている人だけが入場できました。

 DSC01678blog.jpg

入口で早速フィリップデュフォーさんと

お会いしまして少しお話をしましたが、

今年は出展をされないそうで、日曜日まで

ビジターとしてゆっくりと見てまわるそうです。

 

 

 

 

2008年04月03日

パテックフィリップ Ref.5070

DSC01681 blog.jpg
今年のバーセルフェアーの新作です。
キャリバーCH27-70を搭載する2カウンター
クロノグラフです。ケース素材はプラチナで
文字盤は濃いブルーになっています。

2008年04月03日

バーセル新作 パーペチュアルカレンダー

DSC01705blog.jpg
2008年バーセルフェアーで発表になりました
複雑時計の第一弾、永久カレンダーモデルです。
ND41に搭載されております手巻き式ムーブメントを
ベースにアジェノールの永久カレンダーモジュールを
搭載しました。今回出展されているケースはWG、PGで
前者はスポーティーなイメージで文字盤にカーボン、後者は
クラッシックなギョーシェの仕上げの文字盤をあわせています。

2008年04月03日

バーセル新作 スポーティクロノグラフ

DSC01758ブログ.jpg
複雑時計第2弾ピラーホイール付き2カウンター
クロノグラフです。まだプロトタイプの段階で41mm径の
ケースに入っていましたが、37mm径での発表も
考えてるそうです。ベースムーブメントはラジュオペレの
クロノグラフムーブメントを使用しております。
DSC01760blog.jpg

2008年04月03日

バーセル新作 パーペチュア・ルトゥールビヨン・ミニッツリピーター

DSC01750blog.jpg
複雑時計第3弾、永久カレンダー・トゥールビヨン・
ミニッツリピーターモデルです。1900年代前半のアンティーク
トゥールビヨン・ミニッツリピータームーブメントの上に
アンティークの永久カレンダーを搭載しました。
文字盤にはサファイアを使用し、インジケーターには
MOPを使用しています。4年の歳月を経て形になりました。
価格は予価50,400,000円でケース素材はプラチナです。
もちろんユニークピースです。

2008年04月03日

バーセル新作 ピエールドゥロッシュ

DSC01714ブログ.jpg
 グランドクリフシリーズの新作スカイスクレパーズ。
時針と分針がそれぞれレトログレードになっています。
時間、分それぞれのインデックスに高さを持たせています。
DSC01717blog.jpg
 グランドクリフシリーズの新作第2弾、カウントダウン
クロノグラフ。回転ベゼルに45分の刻みを入れることにより
45分間のカウントダウンを計ることができます。
DSC01726blog.jpg
スプリットロックシリーズのビッグナンバーズの
新色文字盤オレンジのアップライトインデックスに
なっています。販売時期は10月以降だそうです。

2008年04月03日

バーセル新作 ノモス・クラブウォッチ・オートマティック

DSC01693blog.jpg
今年のノモスの新作はクラブウォッチのオートマティックです。
日付無しとありのモデルではケースのサイズが少し異なって
おり、日付無しが40mm、日付ありが41.5mmです。
ケース径が少し大きくなっている分、厚みが薄くなって
いるように見えます。ちなみに現在国内でも販売されています
クラブのデイトモデルも発表になっていますが、こちらの
ケース径は38.5mmになっています。

2008年04月03日

エッフェルタワー

まっくん、水木さんブログ.jpg
エッフェルタワーを前に某時計輸入代理店の
水木さんと後輩でラデュレでパティシエ修行中の
まっくんの2ショットです。再来週からはレストランで
デザートを担当することになるそうです。

2008年04月03日

ラデュレ

DSC01616ブログ.jpg
1862年創業のお菓子やさんです。
後輩がパティシエ修行していました。
DSC01617ブログ.jpg
DSC01618ブログ.jpg
DSC01619 burogu.jpg
後輩と一緒にシャンゼリゼ通りにある、ラデュレのカフェで
彼が作っているケーキを3つ食べましたが、
チョコレートクリームのケーキはすごく濃厚でしたが、
モンブランと新作のケーキはあっさりしていて
見た目に騙されてしまいました。かなり美味しかったですね。
パリに行かれる際は是非お立ち寄り下さい。

2008年04月03日

バーセル新作 ドゥヴィット WX-1

DSC01790 ブログ.jpg
 ドゥヴィットの新作WX-1。
昨年のOnly Watch で落札された時計の製品版です。
ケース素材にはチタン、アルミニウム、PGが使用され
見た目ほど重くはないです。33本の限定販売だそうです。
DSC01791ブログ.jpg
ムーブメントが縦置きに置かれ、写真のように2段階に出てきます。
21日間のパワーリザーブでトゥールビヨンを搭載して
います。時計は2枚のディスクを回転させて表示します。
DSC01800 ブログ.jpg
左側に香箱が縦に5つ並んでおります。
特殊な工具を使ってぜんまいを巻き上げます。
右側はトゥールビヨンです。
価格は6500〜7000万円前後で既に今日の
数時間で10何本販売されているようです。

2008年04月04日

ブライトリングブース

DSC01881blog.jpg

 ブライトリングのブースに新作を見る為に

行ってきましたが受付のうえに巨大な水槽が

設置され、その中に5,500匹もの魚を泳がせて

います。毎朝、魚の状態を管理しており

バーセルフェアーの1週間が終わると海にかえすそうです。

時計の新作は時計にアップします。

 

2008年04月04日

バーセル新作 ブライトリング

DSC01845blog.jpg
日本限定100本の40年代のクロノマットを復刻させたモンブリラン40's。
クラッシックな雰囲気でサイズにもマッチングしています。
当時、モンブリラン通りで時計を作っていたので
その名前を付けられたみたいです。ケースはピンクゴールドで
価格は1,470,000円です。発売は今秋を予定しています。

2008年04月04日

バーセル新作 アジムート

DSC01818 robot blog.jpg
戦後の日本で流行しましたブリキのロボットを
コンセプトにアジムートから発表された今年の新作
Mr.ロボットです。左目の部分が時間、右目の部分が
24時間表示のGMT、口の部分がレトログレードの
分針になっています。販売時期は10月頃を予定しています。
DSC01823 chrono pvd.jpg
昨年から販売していますクロノゲージの
PVDケース仕様のものが追加になりました。

2008年04月04日

バーセル会場出入口

DSC01883blog.jpg
18時半頃から15分くらい人を待っていましたが、
その間に20組くらいの知り合いに出会いました。
この時間帯は帰られる人のピークで
すごい数の人たちがゲートを通過していきました。

2008年04月05日

マーク・アルフィオリさん

DSC01901blog.jpg

フランス人アートデザイナーのマークさんお会いしました。

彼は今までに、他のブランドのデザインを幾つか手掛けて

こられて、時計以外にもナイフ、食器、ペンなどを

作っていました。ダマスカスを使ったナイフは

結構有名で日本の雑誌にも取り上げられたことがあるそうです。

赤い靴を履かれていましたが凄くお似合いでした。

2008年04月05日

アルファロメオ 8C コンペティツォーネ

DSC01905blog 8c.jpg
 ジュリアノマッツォーリに飾ってあったアルファロメオの限定カー
8Cコンペティツォーネ。500台限定で作られ日本へは75台の
割り当てがありました。今年のバーセルではこの車を購入された
方のみが買うことのできる、ジュリアノマッツォーリのコンタギリ
という時計が一緒に飾ってありました。

2008年04月05日

バーセル新作 パテックフィリップ ワールドタイム

DSC01931blog.jpg
パテックフィリップの新作ワールドタイムの文字盤の
地図をエナメルで色付けしたモデルです。

2008年04月05日

バーセル新作 ジュリアノマッツォーリ

DSC01918blog.jpg
ジュリアノマッツォーリ・マノメトロの新作、
ケースにカーボンファイバー、竜頭にチタンを使用したモデルです。
触ってみて時計の軽さに驚きましたexclamation?~2

2008年04月05日

バーセル新作 セドリックジョナー

DSC01945blog.jpg
昨年、セドリックジョナーの10周年を祝して発表された
A10モデルにクロノグラフモデルが追加されました。
DSC01944blog.jpg
CNCマシンを手に入れることにより、針や文字盤などの
パーツを自社で製造出来るようになっています。
DSC01946blog.jpg
ムーブメントにはビーナス175を使用しています。
ケース素材はSSとK18を用意しています。

2008年04月05日

ビンセント・カラブレーゼさん

DSC01929blog.jpg
ビンセントカラブレーゼ氏が自分のブランドを
ブランパンに売却し、これからはブランパンの
クリエーターとして活動していきます。
製品製造部門にはタッチせず、新商品のムーブの研究、開発を
手掛けます。アトリエは今までどおりローザンヌです。
今年もカラブレーゼのブースは出ていますが
ショーケースには今まで彼が手掛けてきた時計の
写真などが飾ってあります。
今年ブランパンで発表のカルーセルトゥールビヨン
ももちろん手掛けられました。
もしカラブレーゼブランドの時計を欲しい方がいらしゃるなら
店頭に残っている時計がカラブレーゼのラストになります。

2008年04月06日

ロジャースミスさん

DSC01977blog.jpg
ロジャースミスさんとお会いしました。
ジョージダニエルさんの弟子でマン島で
自分のブランドの時計を作っています。
今日カタログをお持ちでなかったので
明日カタログをいただきます。

2008年04月06日

バーセル新作 スヴェンアンデルセン

DSC01712.JPG

言わずと知れた独立時計師スヴェンアンデルセンの

モントレアタクトの新作ポーカーです。

2008年04月06日

Ken Okuyama

DSC01763.JPG
タグホイヤーのブースに飾られていた
Ken Okuyama のコンセプトカーです。 
DSC01764.JPG
DSC01765.JPG