2008年03月01日

甲平会発足

私が行っておりました学園の高校、大学を平成元年以降の卒業生で

東京に住んでいる方々が一堂に会して懇親会が行われました。

同じ学校を卒業しているということで、色々な方をご紹介頂いたり

話しかけて頂いたりと普段お話できないような方とも

お話をすることができ、刺激を受けました。

12年ぶりに会うラグビー部の後輩も来てたりして、自分も含め

年を確実にとっていっていることを実感させられました。

今までほとんどこういった会には参加していなかったのですが、

なかなか良いものだと分かり、これからは頻繁に参加しようと思います。

 

お名刺を交換させていただいた先輩方、後輩の皆様有難うございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。

時計のことでお困りのことがありましたらいつでもご連絡下さい。

 

 

 

 

2008年03月02日

ピーター・ボームベルガー氏

ピーターボームベルガー さん ブログ.jpg

今年の1月にバンコクでお会いした時にウルバン

ヤーゲンセンのオーナーのピーター・ボームベルガー氏の

写真を撮らせていただきました。写真に写るのが

あまりお好きでないらしく、正面を向いて頂けませんでした。

日本の雑誌でも以前紹介されたことがあるのですが

その時も正面で無かったような気が。。。

 

この方が1978年にウルバン・ヤーゲンセンというデンマークの

ブランドを買収しスイスのビエンヌに持ってこられました。

彼自身時計職人でもあり、以前からこのブランドの懐中時計を

収集されていてそれらの時計の修復もされていました。

ウルバンヤーゲンセン大辞典という本がデンマーク語で

でているのですが、その本に出てくる懐中時計は

彼のコレクションだそうです。英語版の本が待ち遠しいです。。。

 

 

2008年03月02日

Rolex GMTマスター

080302_1755~0001.jpg
お客様が約25年ほど前に初めてご購入された
時計のオーバーホールをやらせて頂きました。
ぜんまい、3番車、風防を交換いたしました。

2008年03月02日

2品目

CA380207-0001.JPG
国内製作のつや有、赤クロコベルトです。
先の方まで厚みを持たせることで
厚くてフラットな感じのベルトに仕上がっています。
 
CA380208-0001.JPG
裏材にはカーキ色の革を使用しています。

 

CA380207-0001.JPG
注文数セット

カゴの中身を見る

 

商品名 赤クロコベルト
商品価格 31,500 円  Sold Out
商品概要

赤つや有クロコベルト

白ステッチ

幅22/20 長さ112/70

厚さ 4.5mm-3.0mm

Dバックル用 

2008年03月02日

リファレンス5

Ref 5 pt ブログ.jpg 

プラチナケースの超薄型モデル。

機械彫りのシルバー文字盤、ゴールドの針、

ドーム型サファイヤクリスタルガラス。

Ref 5 PG ブログ.jpg

ケース径は35mmでPt,K18PG2種類のケースで

現在展開しております。

ムーブメントはPiguet71の自動巻きになります。

2008年03月02日

Ref.0267

ユニコーン表 ブログ.jpg

木目金ドラゴンのユニークピース Ref.0267

ケース:プラチナ シースルーバック

 

ユニコーン裏 ブログ.jpg

ムーブメント:Piguet71 自動巻き 

        21,600振動、48時間パワーリザーブ

        ムーブメントをスケルトン加工し彫金を施しています。

        ローターにホワイトゴールドと

        シルバーの木目金を使用。

 

 文字盤: ホワイトゴールドとシルバーの木目金をベースに

       ドラゴンを彫金、雲の中からドラゴンが出てくる様子を

       現しています。文字盤の黒い部分がシルバーの部分で

       雲を表現させるためにわざと酸化させて黒くしています。

 

ユニークピークのため既に完売

 

 

2008年03月02日

DSC01115ブログ.jpg

 

ウルバンヤーゲンセンのSSモデルをベースにした

世界1本限定の時計を作りました。

テーマは桜で田村一舟氏に蒔絵で描いて頂きました。

文字盤のベースを加工する所からお願いいたしましたので

製作期間は2ヶ月程かかりました。

 

DSC01121ブログ.jpg

 

ベースの時計はウルバンヤーゲンセンの

リファレンス8のSSモデルですので機械はPiguetの自動巻き

が搭載されております。ローターは21Kで熟練の職人による

ギョーシェ彫りが施されています。

 

写真ではうまく蒔絵の厚みが表現できてないのですが、

素晴らしい文字盤ですので一度手にとって実物をご覧下さい。

 

 

2008年03月02日

彫金

DSC01976.JPG

 

彫金バージョンのムーブメントです。

モチーフはお客様自身でお決め頂けます。

ひとつひとつ手作業でお作りしておりますので

お客様のご要望にあわせてお作り致します。

 

2008年03月02日

結晶

結晶 ブログ.jpg
飛行機の中から窓についた氷の結晶を撮影しました。
11,000メートルの高さを飛ぶと外気温は-50℃にもなります。

2008年03月03日

シモーネ氏

IMG_1645 ブログ.jpg

2月18日のブログでお書きした連絡が無かった

シモーネ氏ですが、先週1週間関西で奥様と一緒に

バカンスを楽しんでられたみたいです。

その前の週には東京のヒコ・みづのジュエリーカレッジの

時計コースの卒業式にスイスの提携校校長として

出席されたみたいです。今回の滞在ではお会いすることが

できませんでしたが、来月スイスでお会いすることを約束して

先週の土曜日に帰国されました。

 

2008年03月03日

バーセル定番ランチ

バーセル定番 ブログ.jpg
バーセルフェアー期間中ビシネスマンにとっての
定番のランチメニューです。青空の下で食べる
ソーセージとパン。非常にシンプルですが、しっかりと
味の付いたソーセージがやみつきになります。
ビール好きにはたまらないみたいですね?r?[??

2008年03月04日

成田空港にて

080304_0956~0001.jpg

 

今からシンガポールに出張に行ってきます。

今日の飛行機はボーイング747-400です。

 

CA380210-0001.JPG

シンガポールではAzimuthのエルビンさんと

クリストフさんGoldarths Reviewの

ジュリアンさんとお会いする予定です。

2008年03月05日

到着

イミグレ ブログ.jpg
シンガポールに到着しました。
ターミナル3が新しくなっていて、飛行機の降機口から
イミグレーションまで非常に近くなっていました。
ベルト ブログ.jpg
荷物の受け取り場所ですが、
出てくるのも非常に早かったです。
エコノミークラスの一番後ろに乗っていましたが
到着してから空港を出るまで20分くらいでした。
受け取り ブログ.jpg
荷物の受け取り場所も装飾されていて
水が流されていました。以前に比べるとかなり
豪華になっていました。エアバス380の
2階建て飛行機の為に改装をしたんでしょうかexclamation&question

2008年03月05日

早速

スペース ブログ.jpg

エルビンさんとクリストフさんが空港まで来てくれたので 

アジムートブティックにそのまま行ってきました。

さすがに彼らのブティックですのでほぼ全モデル並んでました。

職人アジムート ブログ.jpg

アトリエを併設し時計職人が二人常駐し

納品点検、修理等を行っています。

時計はスイスで作られています。

アメリカ.jpg

アメリカ限定モデル用のクロノゲージのケースです。

 

 

2008年03月05日

シンガポール料理

広場 ブログ.jpg

シンガポールでは高層ビル街には似合わない

小さな屋台のようなお店が集まった屋根付きで

食事のできるスペースを見つけることができます。

そこではシンガポールの料理、マレーシア料理、日本食、

場所によってはイタリアンも食べられるみたいです。

坩堝 ブログ.jpg

現地時間の20時過ぎに行きましたが、地元の人から

観光客の人まで、人種の坩堝状態になっていました。

 焼きそば.jpg貝ブログ.jpgDSC01150ブログ.jpg

エルビンさんとクリストフさんと一緒に

料理名は分からないままシンガポール料理を

いただきました。結構辛いものが多かったですが

私は好きなのでどれも美味しくいただけました。

シンガポール出張の際は必ず食べにきます。

 

 

2008年03月05日

ラッキープラザ

ラッキー ブログ.jpg
シンガポールに来ると近くに泊まっているということもあり、
ラッキープラザというショッピングモールの地下で朝食をとります。
1階には、シンガポールの有名どころの時計屋さんが何軒か
入っていて、ほとんどのブランドの時計を見ることが出来ます。
cognee ブログ.jpg
このお店のお粥が美味しいんです!!! 
朝食ブログ.jpg
フレッシュスイカジュースとセットで約500円です。

2008年03月06日

ジュリアン

ジュリアン ブログ.jpg

友人のジュリアンです。

シンガポール人の彼はGoldarths Reviewという

サイトをインターネット上で展開しています。

時計を中心に、車、バケーション、スーツ、アンプなどを

取り上げ、月に1回発信しています。

 

下記が彼のホームページのリンクですので

是非一度ご覧下さい。ちなみに英語ですが。。。

http://www.goldarths.com/

 

 

2008年03月06日

Azimuth ブティック

エレベーター ブログ.jpg
OUBセンターの4階にアジムートブティック兼オフィスがありますが
エレベーターの扉がスペースシップになっていました。
アーミー ブログ.jpg 
ブティックにはミリタリー関連のデコレーションが多く飾られ、
創設の頃はミリタリーモデルに力を入れていたことがうかがえます。
ブティック ブログ.jpg
お店は結構広く左奥がアトリエ、右奥が事務所になっています。
ミーティングを2時間程していましたが、ひっきりなしに
お客さんが入ってきていました。

2008年03月06日

コンセプト

コンセプト.jpg
昨年のバーセルフェアーで見せてもらったコンセプトウォッチ
ですが、チェーン式の巻き上げシステムにムーブメントが
縦置きになっています。プロトを作ったのはビアネーハルター
さんと言っていたような気が。。。今年は完成品が見たいですね。

2008年03月07日

ロボット

ロボット ブログ.jpg
シンガポールから帰国しました。
Azimuthではバーセルフェアー向けに新作を
開発中みたいですが、ひとつはこのロボットを
コンセプトに発表されるみたいです。
まだ実物は無かったので、早く見てみたいですね。

2008年03月08日

夜の時計塔

時計塔.jpg
スイスイタリア語圏の町アスコーナの時計の塔です。
この町はかなり透明度の高い湖があり、夏の避暑には
最高の場所です。隣町はロカルノという町で
ロカルノ映画祭をやっています。

2008年03月08日

F-1 in Singapore

f-1 ブログ.jpg

シンガポールでは初のF-1が今年の9月に開催されます。

市街地を使っての開催ですので、ピストにはマンホールもあれば

でこぼこもあり、車にはきついサバイバルレースになりますね。

しかも夜間ということで普段ドライバーも慣れていない

ので思わぬ結果になるかもしれませんね。コース的には

狭いモナコの市街地コースよりも昔、アメリカのフェニックスの

市街地で行われていたアメリカGPの方が雰囲気は似てるかも。

ちなみに9月26,27,28の3日間ですがシンガポールのホテルは

ほとんど予約が取れないみたいで取れたとしても一泊

10万円近くするみたいです。行ってみたいけど?????????i?????U?????j

 

 

 

 

 

 

2008年03月08日

Ref.0367

0367F ブログ.jpg

 木目金ドラゴンのユニークピース Ref.0367

ケース:ホワイトゴールド シースルーバック

 0367B ブログ.jpg

ムーブメント:ユニバーサル 自動巻き 

 19,800振動、46時間パワーリザーブ

   ムーブメントの受け板を木目金に加工しています。

 

文字盤: ホワイトゴールドとシルバーの木目金をベースに

ドラゴンを彫金、雲の中からドラゴンが出てくる様子を

現しています。Ref.0267のドラゴンよりも細かく

ドラゴンを表現しています。雲を表現させるために

わざと酸化させて黒くしています。

2008年03月09日

メテオライト

DSC02821.JPG
 独立時計師で有名なアントワーヌプレジウソウ氏の
メテオライトトゥールビヨンです。
ケース素材がジベオンと呼ばれる隕石です。
この素材は90パーセント以上が鉄の成分です。 
DSC02822.JPG
ムーブメントはクリストフクラレ製のエボーシュを使用し
地板、受け板に彫金・ダイヤモンドセッティングを施しています。
このムーブはハリーウィンストンのオーパス2でも使用
された120時間パワーリザーブのトゥールビヨンです。
この時計が最後の1個だそうです。価格は数千万exclamation&question

2008年03月09日

マセラッティー Racing

DSC02544.JPG
DSC02547.JPG
昨年のジュネーブSIHH会場に展示されていました
マセラッティーのトランスポーターとMC12のレーシングタイプ
と思われる車です。オーディマピゲがこのMC12モデルに
ちなんだトゥールビヨンウォッチを発表しました。

2008年03月09日

グレークロコダイル

革ベルト ブログ.jpg
ブランパン用にグレーのクロコダイルで
裏材がラバーのベルトをお作り致しました。

2008年03月09日

バーツ・エンゲルバーツさん

彫金師のキース・エンゲルバーツさんの弟さんで

ピアジェでアフターセールスサービスを担当している

バーツさんが、日本に来日されています。先週は上海で

明日から5日間、ピアジェのサービスセンターで講師として

日本の職人さんへ技術講習会をされるそうです。

以前はローレックスのサービスで職人をされていました。

バーツさんには明日か明後日お会いする予定です。

 

 

2008年03月09日

リファレンス8

ujs_reference8 ブログ.jpg

クラシカルなスタイルの腕時計。

ギョーシェ彫りのシルバー文字盤、ゴールドとブルースチールの針、

スモールセコンド、ドーム型サファイヤクリスタルガラス。

自動巻きムーブメント、パワーリザーブ60時間、

5姿勢差調整、日常生活防水。日付表示の有無が選択できます。

ケースはイエローゴールド、ローズゴールド、プラチナが用意され、

シースルーバックも用意されています。

シンプルさと美しさの両方を兼ね備えたモデルと言えるでしょう。

2008年03月09日

リファレンス9

ujs_reference9 ブログ.jpg

 

このモデルは若きソフトウェアデザイナー、

ヨアヒム・ボンド氏の依頼により製作されました。

彼の依頼内容は、リファレンス2曜日と月が窓表示に

なっているのを針表示に変更して欲しい、というものでした。

 

2008年03月09日

Montre Homme ND41so.r

_U7U0107 ブログ.jpg
Le Garde Temps シリーズのND41soモデル。
このモデルはスモールセコンド部分をシースルーにし
中の歯車の動きを見せるようにしています。
ムーブメントはND01sで他のモデルに使用されている
手巻きと同じものが搭載されています。
日本には未入荷のモデルです。